猫エンジンのイラスト素材

無料で使えるイラスト素材を提供しています

秋の森と動物達

イラストACへ「秋の森と動物達」のイラストを投稿しました。

下のサムネイルからイラストACのイラスト公開ページへ移動します。
素材のダウンロードには会員登録が必要です。

秋の森と動物達

秋の森と動物達

イラストACのイラスト素材は全て無料で商用利用OK、クレジット表記不要。
会員登録も無料で登録完了直後から無料でダウンロード可能。

会員登録はこちらから >> [ イラスト素材サイト「イラストAC」 ]


北海道の中でも僕の住む地域ではシカもクマもリスもキツネも普通に遭遇する。ついでに言うとアライグマにタヌキも珍しくはない。そしてこれらの動物はリスを覗き全て害獣である(海外ではリスも害獣としているところもある)。

僕は農家ではないけれど少し手広い畑を所有している。たった一匹のキツネに一晩でトウモロコシの畝一つを全て食い荒らされることも度々。これが農家さんの話になると、1家族くらいのシカの群れがやってきて、一晩で畑の一つ二つを全滅させるのだからたまったものではないだろう。
さらに言うと北海道のシカ「エゾシカ」は大きく屈強である。クマなどよりも人に近い分遭遇する率も低くない。徒歩で知らずに接近してしまっているような場合など大抵は動物側が先に気づいて遠のいてくれるのだが、とっさに避けられないのが自動車での遭遇。衝突すれば車はまず大破である。実際衝突に見舞われた知人がいるが、保険も効かないので下手な自動車事故よりも厄介(現在は対応している保険もあるような話も聞いた)なのだ。

僕は動物が好きだけど畑を世話していれば彼らは敵となる。手塩にかけた作物達を喰い荒す憎い対象でしかないのだ。昆虫も然り。僕は虫が好きだけど作物にとって大抵は害虫なのだ。だから見かければ親の仇のように必死で駆除する。
でもそれは畑の中だけの話。畑から出ればそんな事はない。。。

と言いたいところだけれど、問題なのはこの精神状態を放っておくと畑を離れても憎しみの対象として彼らに敵意を持ち続けてしまう事。僕はこの事に気がついてからある事をしている。たいそうな前振りのようになってしまったけれども難しい事をしている訳ではない。

「動物や虫を駆除したり追い払ったりした時は、帰ったら彼らの絵を描く」

それだけ。絵といってもただ落書きを描き続けるだけなんだけど描いている間はずっと彼らの事を考えている。
「あのキツネめー」などと考えていたり、「でも別にうちの畑を荒らしてやる〜という気で来たわけじゃないんだよなぁ」とか、「去年来てたヤツと同じなら美味しかったからまた来たんかな」などと思いを巡らせる。

効果のほどはわからないけれど、それでも描き飽きる頃には「見てる分には可愛いんだけどなぁ」くらいの精神状態にはなっているのでプラマイ0程度の効果はあると思いたい。
と言っても畑で出会うとまた鬼の形相で追い払うんだけど。