猫エンジンのイラスト素材

無料で使えるイラスト素材を提供しています

イラストACの投げ銭システムを利用してみて 2

昨年2017年の11月からイラストACに導入された「投げ銭システム」を利用してみることにした。 現在イラストACに投稿されているイラストレーターさんやこれからイラストACに登録してみようと考えている方などの参考になるかもしれないので細々と書き留めておく。

イラストACの会員登録はこちらから >> [ イラスト素材サイト「イラストAC」 ]

イラストACの投げ銭システムを利用するためにはビットコインアドレスが必要なので、ビットコインアドレスやその取得方法についての要点を。
もっと詳細な事を知りたい場合は沢山の仮想通貨についての情報サイトが溢れているのでそちらで確認していただきたい。

ビットコインアドレスについて

すんごく簡単に言ってしまうと銀行の「口座番号」。
現実世界とちょっと違うのは「銀行口座」だけではなく、自分が普段持っている「財布」にも口座番号があるという事。現実世界の「銀行口座」に相当するのがビットコインを扱う取引所に開く口座で、「財布」に相当するのが「ウォレット」になる。

ウォレットについて

「ウォレット」はその名の通り「財布」。 ビットコインなど自分の仮想通貨を保管するための場所になる。
このウォレットにはいくつか種類があり、それぞれ一長一短、セキュリティ面や利便性、用途で選択、使い分けを考慮する必要がある。例えば文字通り持ち歩ける財布のようなタイプや、家に置く金庫タイプ、または銀行タイプなど。
そう、前述では解りやすくするために「銀行口座」と「財布」と別物のように言い分けたけれど、実際には取引所に作る「口座」もウォレットの一種である。つまりビットコインアドレスの本質は自分の仮想通貨を保管している場所「ウォレット」を指し示す口座番号ということになる。もちろん一つ以上保持する事もできる。

取引所選び

僕の目的はイラストACにビットコインアドレスを登録することと、チャートやニュースを見たいという2点。
通常であればオンライン上に自分の資産をおくとなればセキュリティを十分に考慮するところだけれど、コインを保持する気もないのでその辺りのリスクを考える必要はない。気にになる個人情報云々に落とし所をつけて見積もれば、僕のような用途ならとりあえず取引所に口座を作りさえすれば要望は満たされるので現在主流になっている取引所を細々と調べることに。

Zaif

色々と見聞した結果、現在割と評判の良いところは取引を行う気のない僕のようなタイプにとってはどこも似たり寄ったりだなと思い、結局最初はイラストACが勧めているZaifを選択した。
驚いたのは取引手数料がマイナスだったこと。「ん?ん?んん?」と思ったが間違いではなく、取引をすると逆に手数料がもらえる仕様。取引する気がないので関係ないにしても、妙な事してるなと気をひくには十分な特徴である。

アカウント作成はメールを登録した後一つ二つの手順を踏みあっさり完了。
一応登録後に本人確認手続などがあるので、具体的に僕が行ったいくつかの手続などはまた近いうちに別のエントリーに記載する。

広告を非表示にする