猫エンジンのイラスト素材

無料で使えるイラスト素材を提供しています

海と氷河とシロクマ

イラストACへ「海と氷河とシロクマ」のイラストを投稿しました。

下のサムネイルからイラストACのイラスト公開ページへ移動します。
素材のダウンロードには会員登録が必要です。

海と氷河とシロクマ1

海と氷河とシロクマ1

海と氷河とシロクマ2

海と氷河とシロクマ2

イラストACのイラスト素材は全て無料で商用利用OK、クレジット表記不要。
会員登録も無料で登録完了直後から無料でダウンロード可能。

会員登録はこちらから >> [ イラスト素材サイト「イラストAC」 ]


以前テレビアニメで「シロクマカフェ」が始まった際の事。妻に「面白いから見てみ」と勧めたところ、いたく気に入ったようで欠かさず見ていた。妻にとっては随所がツボである様子だったが、僕はシロクマカフェを見てるより四つん這いになって笑うほど楽しんでいる妻を見ている方が面白かった。

面白ついでに「夏目友人帳」も勧めてみたがこちらはあまりツボらない様子だったので、見ている途中に「夏目くんの声はペンギンくんだよ」と教えてあげたところ「ふぁっっ!?!」っと食いつき「ペンギンくんすげぇ〜」と別の意味で興味を示したが、作品への興味には至らなかった。

乗り物の無料イラスト一覧

イラストACへ投稿している乗り物関連イラストへのリンクです。

イラストACのイラスト素材は全て無料で商用利用OK、クレジット表記不要。
会員登録も無料で登録完了直後から無料でダウンロード可能。

会員登録はこちらから >> [ イラスト素材サイト「イラストAC」 ]

下のサムネイルからイラストACのイラスト公開ページへ移動します。
素材のダウンロードには会員登録が必要です。

coming soon 自動車セット1 自動車セット2
coming soon 自動車セット1 自動車セット2

「イラスト素材の無料サイト イラストボックス」へ投稿してみて

イラストボックスへ細々と投稿を初めて一月強過ぎました。まだ投稿数が少ないのでダウンロード数もまだまだですが、コメントいただけるのがとても嬉しい。

イラストボックス

コメントいただけるのももちろんなのですが、ダウンロードして下さった方が他にどんな素材をダウンロードしてらっしゃるのかを見る事ができるのも大きい。
「これとこれだと、こんな場面で使っているのかな」など、素材の需要を見つけるヒントになるのが面白い。

当面はランクアップが目標なので需要を見つけながら細々と投稿していこう。

イベントの無料イラスト一覧

イラストACへ投稿しているイベント関連イラストへのリンクです。
年中行事などが中心になっています。

イラストACのイラスト素材は全て無料で商用利用OK、クレジット表記不要。
会員登録も無料で登録完了直後から無料でダウンロード可能。

会員登録はこちらから >> [ イラスト素材サイト「イラストAC」 ]

下のサムネイルからイラストACのイラスト公開ページへ移動します。
素材のダウンロードには会員登録が必要です。

七夕飾り 七夕飾り2 七夕飾り3
七夕飾り 七夕飾り2 七夕飾り3
ハッピーイースター こどもの日2 こどもの日
ハッピーイースター こどもの日2 こどもの日
筆文字・節分 筆文字・寒中見舞い 筆文字・寒中見舞い
横書き
筆文字・節分 筆文字・寒中見舞い 筆文字・寒中見舞い 横書き
筆文字・年賀の言葉 筆文字・義理 ピンク 筆文字・義理
筆文字・年賀の言葉 筆文字・義理 ピンク 筆文字・義理

こどもの日と鯉のぼり

イラストACへ「こどもの日」のイラストを投稿しました。

下のサムネイルからイラストACのイラスト公開ページへ移動します。
素材のダウンロードには会員登録が必要です。

こどもの日

こどもの日

イラストACのイラスト素材は全て無料で商用利用OK、クレジット表記不要。
会員登録も無料で登録完了直後から無料でダウンロード可能。

会員登録はこちらから >> [ イラスト素材サイト「イラストAC」 ]


カミングアウトしてしまうと未だかつて自宅で鯉のぼりを立てている人とお近づきになったことがない。自分自身はもちろん、幼少期から今に至るまでに関わった人間全てにおいて、空にたなびく悠然とした鯉のぼりを自宅で立てている人物に出会ったことがないのだ。

一応生まれは都会であった。そして家庭の事情を抱え子供時分は転校を繰り返し田舎暮らしも少なくなかったため色んなタイプの地域を見てきた。社会人になってからも都会から田舎と生息域は広い方かなと感じる。にも関わらず未だに自前のマイ鯉のぼりを所有、披露してくれる人物に出会えていない。

子供の頃はこどもの日に鯉のぼりを立てている家が憧れだった。しかしよく考えると子供時代の友達に自宅で鯉のぼりを立ててる友達は皆無だったのに誰に憧れていたのか甚だ不思議に思う。

つまるところメディアで描かれたこどもの日や鯉のぼり像があり、それを子供の脳裏に刷り込まれていたのだろう。こどもの日が近くにつれ「あーいいなぁ、みんなは鯉のぼり立ててるんだろうなぁ、いいなぁ」と反射的に羨んでいたにすぎない。
そしてある日「そうか鯉のぼりなんて誰も持って無いんだ。。。」と気がつく刹那が訪れたんだけれども、未だにこの時期になると「やっぱり鯉のぼり持ってる人居ないなぁ」と探してしまう。

モンスター グールの無料イラスト

イラストACへ「グールセット」を投稿しました。

下のサムネイルからイラストACのイラスト公開ページへ移動します。
素材のダウンロードには会員登録が必要です。

グール

グール

イラストACのイラスト素材は全て無料で商用利用OK、クレジット表記不要。
会員登録も無料で登録完了直後から無料でダウンロード可能。

会員登録はこちらから >> [ イラスト素材サイト「イラストAC」 ]


モンスターを描くのは単純に楽しい。筆休めに描く落書きも、ちょこちょこ描いていると結構な量になる。そんな中グールはよく描くモンスターなんだけど、僕はこのグールというモンスターが結構好きである。

グールは単にゾンビのようなアンデッドとして認識されていたり、扱われたりしている事が少なくない。出典を調べてみればグールはアンデッドではなく「グール」として誕生した歴とした生物の1種族なのだということは割とすぐわかるはずなのにである。
けれどもグールという存在の懐の深さはその辺りにある。作品ごとに設定が微妙に違っても割と受け入れてもらえるし、作り手側としても色々と無茶な設定を詰めこんでも受け止めてくれる便利な存在、都合のいいアイツ。それがグール。

そう思うとなんだかとてもポップで大きな存在に思えてくる辺りが、僕がグールを好きである理由なのだ。

しかし現在大人気のグールを題材にした某漫画はイケメングール揃いでグール好き垂涎であるが、僕はそれを横目にちょっと頭悪そうなグールばかり描いているのでなんだか胸が痛い(グールに対して)。

「イラスト素材の無料サイト イラストボックス」へ投稿

1年ほどイラストACへイラストの投稿を続けていましたが、イラストボックスにも素材の投稿を始めました。

イラストボックス

コメント必須

イラストボックスにも投稿してみようと思いたったのは、イラストボックスの仕様が面白いと感じたため。イラストボックスではイラストを投稿するにもダウンロードするにもコメントが必須となっていて、単純に「それ面白そう」と。

イラストACの時はそもそもダウンロードユーザーで利用していて、試しに投稿してみた程度。それが思った以上に利用者がいて僕なんかの(というと利用してくれてる方に失礼かもしれませんが)素材でも役に立つのかなと感じたり、時たまコメントや要望などを寄せられるのも嬉しかったり。

その嬉しいのが癖になったのか、イラストボックスには最初からイラスト投稿目的で登録してしまった。

イラストACでもあった「〇〇に使わせてもらいます!」的な具体的に利用対象などがわかるコメントがあるといいなと期待してしまう。 イラストACよりもコミュニティ的様相が強いようなので、イラストACとPIXIVの中間くらいの形態かなと感じてます。

サイトについて

すぐに慣れてしまったので気にならなくなりましたが、最初はインターフェースにやや戸惑いました。
欲しい情報へたどり着くのが難しかったです。
とは言え特定の情報へすぐアクセスできる経路や方法がわかってしまうと解決。最初は体系化されてないように見えて煩雑に感じたインターフェースも、わかってしまうと小回りが効いて使い勝手良く思えてくる。

ポイントについて

イラストボックスもイラストACと同じように、投稿したイラストがダウンロードされるとポイントが加算されます。 加算されるポイント数はイラストACが一定数なのに対して、イラストボックスでは毎月変動します。 加算されるポイント数は前の月のダウンロード数に応じてランク付けされ、10〜80の間で増減するシステム。
レートが10pt=1円との事なので、最大の80ptってすごいなと思いつつ、そのランクに至る条件はなかなか厳しい。

ランク 前月ダウンロード総数 付与ポイント
RANK01 00000回 10pt
RANK02 00150回 15pt
RANK03 00300回 20pt
RANK04 00500回 25pt
RANK05 01000回 30pt
RANK06 03000回 35pt
RANK07 05000回 40pt
RANK08 10000回 50pt
RANK09 30000回 60pt
RANK10 50000回 80pt

50000回!

投稿規定について

jpgかpngが必須、他espとzipファイルが任意で投稿できます。

ファイルタイプ ファイルサイズ 画像サイズ(解像度72dpi)
jpg(jpeg 2MB 最小サイズ 250px x 250px
最大サイズ 1480px x 1480px
png
esp 4MB -
zip 40MB -

zipファイルはespファイルのファイルサイズが大きくなった時に使う感じで良いようです(現状そんな感じで使っています)。
画像サイズは正方形である必要はないようですが、上記を基本にしてカテゴリー毎に別途以下のような規定があるので気をつける必要があります。

素材カテゴリ 個別の規定
イラスト 最小サイズ400px
シルエット
フォント
ライン 1辺の最小サイズ100px
別の1辺の最小サイズ1000px
塗り絵 A4サイズ
842px x 595px or 595px x 842px
グリーティングカード
フレーム・枠
カレンダー

ラインの規定がちょっとわかりづらいかもしれませんが、縦長や横長になる場合には長い辺を1000px以上にするとの事。
またサイズ以外に以下の追加規定があります。

素材カテゴリ その他の規定
イラスト 背景は白
シルエット
フォント
ライン
塗り絵
グリーティングカード -
フレーム・枠 1周全てにイラストが施された枠
カレンダー 背景は基本的に白
翌月以降6か月以内のみで1ヶ月毎のみ
タイトル「◯年◯月◯か月毎◯型のカレンダー」の形式
キーワード「◯年」「◯月」「◯年」「カレンダー」のみ

審査について

「まずこれはダメです」と言った具体的な記述がされています(過去の質問などから一覧してまとめた感じ)。イラストACより厳格というよりは、イラストACでは細かく言及してないだけでイラストACでも割とダメな内容かなと。要するに丁寧に教えてくれていると解釈してます。

両者を比較するとイラストACでは審査基準は最低限、投稿されたイラストの評価自体は利用者に委ねられている(だめなら使われない)印象、イラストボックスでは審査の時点で利用者、利用現場を想定したクオリティを投稿者に掲示し一定以上のクオリティを保つと言った方針の違いを感じます。

更にイラストボックスでは承認後に再チェックなども行っているようで承認後でも削除されるケースがあるようです。
なかでもイラストACと明らかに違う部分が「投稿後でも一定期間中(観覧数が200件)でダウンロードが0件の場合は削除対象」。これは素材総数の減少にもなりかねないわけですが、安易に素材数を増やそうとせずに方針からぶれない姿勢が見て取れます。

ただここで言う「クオリティ」の基準は素材としての価値とは別物です。
イラストACを1年利用してみてわかったのは、失礼ながら「え?!これホントに使うの?」や「え!これそんな必要とされてるの?!」と困惑してしまうような素材もあります。
実際自分が投稿した素材でも、割と残りもの的なイラストや、ラフ(雑)に仕上げた「さすがにこれはダメだろな。。。」的なものが他を差し置いてダウンロード上位という事があります。まさに「評価自体は利用者に委ねられている」状態で、デザインやセンスと言った感覚の奥深さを感じる次第です(それをピンポイントで生み出すデザイナーやイラストレーターの方々はホントに尊敬)。
なのでどちらの素材の価値が高いか低いかの比較はできませんが、どんな素材が欲しいかが明確な時にはどちらから探してみるかの判断基準にはなりそうです。

まとめ

審査に限らず全体的にイラストACよりもきっちり取り決めが掲示されています。
ただやはり「掲示されているか、いないか」という違いなだけで、イラストACでも各自で最適に対応していると似たような基準に収まる気がします。ダウンロードする側で利用しているとわかるのですが、全ての投稿者が自分の投稿する素材が「どんな人、現場でどんな形で利用されるのか」を想定できてるわけではないので、イラストボックスではその辺りの粒を揃えたいのかなと解釈しています。

他に、これからイラストボックスを利用してみたい方の参考になりそうなことでは「利用規約、会員規約、投稿規約の条項に違反していない、または満たしていれば他の素材サイトで公開済みの素材を投稿しても大丈夫か」という趣旨の内容を運営に直接問い合わせたところ「問題ないですよ」とご回答をいただきました。
そりゃ違反してなければ大丈夫ですよと思われたことは想像に難くありませんが笑、これは「利用規約、会員規約、投稿規約の条項に違反していない」という前提で問い合わせていますので、当然規約関連の条項に全て目を通している事を前提としたやり取りです。これ重要。

ちなみにイラストACでは規約中に「他素材サイトへの2重投稿OK(条件有り)」という趣旨が具体的に記載された条項があります。イラストボックスでは具体的な記載が見受けられなかったので念のため問い合わせてみた次第です。

僕が利用してみて「結構違うな」「ここ面白いな」という点を取り上げてみましたが、イラストボックスに興味を持たれている方の参考や、投稿してみる機会になってくれると嬉しいです。

イラストボックス